本文へジャンプ

本公募「バイオジェット燃料生産技術開発事業/技術動向調査/国内外におけるSAF(持続可能な航空燃料)の製造技術ならびに低コスト化技術に係る動向調査」に係る公募について

2023年1月23日

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」という。)は、下記事業の実施者を一般に広く募集いたしますので、本件について受託を希望する方は、下記に基づきご応募ください。

募集事業について

1.事業内容

(1)概要

長期的には今後の拡大が見込まれる航空需要予測を背景に、航空業界はCO2排出量を削減する地球温暖化抑止対策を喫緊の課題と捉えており、国連の専門機関である国際民間航空機関(ICAO)は、「国際民間航空のためのカーボン・オフセット及び削減スキーム(Carbon Offsetting and Reduction Scheme for International Aviation:CORSIA)」を採択しました。これによって2027年以降、国際航空における各運航会社は、定められたルールに沿ってGHGのオフセット義務が課されることが決定しています。

これに対し、バイオマスから作るSAFの導入は実現可能性が高い手段の一つと位置づけられており、NEDOでは、「バイオジェット燃料生産技術開発事業」(2017~2024)にて、HEFA技術、ガス化・FT合成技術、ATJ(Alcohol to Jet)技術や微細藻類基盤技術等に関して研究開発を実施しています。

しかし、Coprocessing技術のように、我が国では未だ本格的に技術開発に取り組めていない分野も存在します。そのため、本調査において諸外国(欧米、中国等)の最新のSAF製造技術ならびにコスト低減技術動向の情報収集、国内技術との比較検討をすることで、将来的なSAF生産量拡大と安定供給に向けて重要となる技術開発要素について整理します。

(2)事業期間

2022年度から2023年度

2.応募方法等

本ページ最下の資料欄から必要な書類をダウンロードし、必ず受付期間内に次のWeb入力フォームから必要情報の入力と提案書類及び関連資料のアップロードを行って下さい。その他の方法(持参・郵送・FAX・メール等)による応募は無効となります。提出期限直前は混雑する可能性がありますので、余裕をもって提出してください。

受付期間:2023年1月23日(月)から2023年2月23日(木)正午まで(日本時間)

別ウィンドウが開きますWeb入力フォーム

資料

募集要項

技術・事業分野 バイオマス プロジェクトコード P17005
事業名 バイオジェット燃料生産技術開発事業 (技術動向調査) [国内外におけるSAF(持続可能な航空燃料)の製造技術ならびに低コスト化技術に係る動向調査]
事業分類 調査等
対象者 企業(団体等を含む)
公募期間 2023年01月23日~2023年02月23日
問い合わせ先 新エネルギー部 バイオマスグループ
担当者:柴原、小石
E-MAIL:nedo.biofuel@ml.nedo.go.jp

関連ページ