本文へジャンプ

決定「着床式洋上ウィンドファーム開発支援事業(洋上風力発電設備にかかる落雷リスク)」に係る実施体制の決定について

2020年10月8日

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」という。)は、「着床式洋上ウィンドファーム開発支援事業(洋上風力発電設備にかかる落雷リスク)」に係る公募を実施し、ご提案いただいた1件の提案について外部有識者による採択審査及びNEDO内の審査を経て、以下のとおり実施予定先を決定しました。

なお、採択審査委員一覧は、別紙のとおりです。

件名

着床式洋上ウィンドファーム開発支援事業(洋上風力発電設備にかかる落雷リスク)

事業概要

洋上風力発電の拡大導入に対して、我が国では厳しい気象・海象条件や船舶等のインフラが先行する欧州と異なるといった、技術的或いはコスト等の課題が依然として存在しています。本事業では、洋上風力発電の事業化を加速するために必要な情報の収集や支援として、我が国の厳しい気象条件の一つである落雷に関して、洋上風力発電設備にかかるリスク等を明らかにすることを目的とします。

実施予定先

株式会社 東洋設計、学校法人中部大学 中部大学

実施期間

2020年度~2022年度

問い合わせ

本公募に関する問い合わせについては、下記「問い合わせ先」までE-mailにてお願いします。

詳細資料

募集要項

技術・事業分野 風力・海洋 プロジェクトコード P07015
事業名 風力発電等導入支援事業/着床式洋上ウィンドファーム開発支援事業/着床式洋上ウィンドファーム開発支援事業(洋上風力発電設備にかかる落雷リスク)
事業分類 研究(委託、共同研究、助成)
対象者 企業(団体等を含む)、大学等、研究者・研究チーム
問い合わせ先 新エネルギー部 風力・海洋グループ
担当者:岸田、長井、白井
E-MAIL:wind_tyakushou@ml.nedo.go.jp

関連ページ