本文へジャンプ

決定「バイオジェット燃料生産技術開発事業/実証を通じたサプライチェーンモデルの構築」に係る実施体制の決定について

2022年8月5日

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」という。)は、「バイオジェット燃料生産技術開発事業/実証を通じたサプライチェーンモデルの構築」に係る公募を実施し、ご提案いただいた5件の提案について審査を行い、別紙1のとおり実施予定先を決定いたしました。

なお、採択審査委員一覧は、別紙2のとおりです。

件名

バイオジェット燃料生産技術開発事業/実証を通じたサプライチェーンモデルの構築

事業概要

長期的には今後の拡大が見込まれる航空需要予測を背景に、二酸化炭素排出削減による地球温暖化抑止対策が国際民間航空機関(ICAO)をはじめとした航空業界における喫緊の課題となっている中、それらの対応策の一つとして、バイオジェット燃料の導入による解決が必要不可欠な手段の一つとして位置づけられている。

本事業では、想定する将来の製造規模を技術的に実現し得るSAF製造技術を軸に、将来の事業化を見据えた規模でのSAF製造および供給に係る空港納入までのサプライチェーン構築に向けた、各プロセスにおける実証技術開発を実施し、SAF生産に伴い併産されるバイオ燃料などの副生物の利活用も含めたサプライチェーンの確立を加速して、2030年頃までの確実な事業化の実現に資する。

実施予定先

別紙1のとおり

事業期間

2022年度から2024年度

詳細資料

募集要項

技術・事業分野 バイオマス プロジェクトコード P17005
事業名 バイオジェット燃料生産技術開発事業
事業分類 研究(委託、共同研究、助成)
対象者 企業(団体等を含む)、大学等、研究者・研究チーム、地方公共団体
問い合わせ先 新エネルギー部 バイオマスグループ
E-MAIL:nedo.biofuel@ml.nedo.go.jp

関連ページ