本文へジャンプ

本公募「水素社会構築技術開発事業/総合調査研究/地産地消型水素製造・利活用ポテンシャル調査」に係る公募について

2020年5月19日

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」という。)は、下記事業の実施者を一般に広く募集いたしますので、本件について受託を希望する方は、下記に基づき御応募ください。

募集事業について

1.事業内容

(1)概要

研究開発項目III:「総合調査研究」

水素社会の実現に向け、水素需要の拡大や水素サプライチェーンの構築に関する調査を行う。具体的には、再生可能エネルギーや副生水素などの地域資源を活用して水素を製造し、周辺地域で利活用するモデルの実現可能性を国内外において調査する。

(2)事業期間

2020年度~2021年度

2.説明会

新型コロナウイルス感染症による影響を考慮し、説明会は開催いたしません。

当該公募の内容、契約に係る手続き、提出書類等についてご質問がある場合には、6月17日正午までの間に限り、上記の問合せ先へのE-MAILにて受け付けます。ただし審査の経過等に関する問い合わせには応じられません。

3.応募方法等

本ページ最下の資料欄から必要な書類をダウンロードしてください。

契約約款はこちらをご参照ください。

その他

公募情報に関するお知らせはNEDO公式Twitterにて随時配信しております。ぜひフォローいただき、ご活用ください。

資料

募集要項

技術・事業分野 燃料電池・水素 プロジェクトコード P14026
事業名 水素社会構築技術開発事業
事業分類 調査等
対象者 企業(団体等を含む)、大学等
公募期間 2020年05月19日~2020年06月23日
問い合わせ先 次世代電池・水素部 燃料電池・水素グループ
担当者:後藤、鈴木、楠原、大平

関連ページ