本文へジャンプ

予告「Connected Industries推進のための協調領域データ共有・AIシステム開発促進事業/米国政府のCDM Programを参考にした常時診断システムの試験研究」に係る公募について(予告)

2021年3月1日

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」という。)は、下記事業の実施者を一般に広く募集いたしますので、本件について受託を希望する方は、下記に基づき御応募ください。

募集事業について

1.事業内容

(1)概要

情報資産を確実にサイバー攻撃から守り、着実に事業を継続していく観点から、ゼロトラストのコンセプトに基づいた、常時診断システムを構築する重要性が高まっています。

本調査事業では、米国政府の常時診断・リスク緩和プログラム(Continuous Diagnostics & Mitigation (CDM) Program)を参考とした常時診断システムの試験研究を行い、得られた結果を調査報告書としてとりまとめます。

(2)事業期間

2021年度

(3)公募期間

2021年4月上旬から1カ月程度

2.応募方法等

公募要領等の詳細は公募開始日にNEDOのホームページに掲載します。

3.その他

応募状況等により、公募期間を変更することがあります。公募期間を変更する場合には、NEDOホームページにてお知らせします。

また、公募情報に関するお知らせはNEDO公式Twitterにて随時配信しております。ぜひフォローいただき、ご活用ください。

募集要項

技術・事業分野 ネットワーク/コンピューティング プロジェクトコード P19001
事業名 Connected Industries推進のための協調領域データ共有・AIシステム開発促進事業
事業分類 調査等
対象者 企業(団体等を含む)、大学等
公募開始予定日 2021年4月上旬
問い合わせ先 IoT推進部 CI実装グループ
担当者:山岡、工藤
TEL:044-520-5211 E-MAIL:cip@ml.nedo.go.jp

関連ページ