本文へジャンプ

本公募「Connected Industries推進のための協調領域データ共有・AIシステム開発促進事業/米国におけるCDM(Continuous Diagnostic and Mitigation:継続的な診断とリスクの緩和)についての基礎調査」に係る公募について

2020年9月30日

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」という。)は、下記事業の実施者を一般に広く募集します。

募集事業について

1.事業内容

(1)概要

情報資産を確実にサイバー攻撃から守り、着実に事業を継続していく観点から、常時アクセス判断・許可(通称:ゼロトラスト)のコンセプトに基づいた、常時監視システムを構築する重要性が高まっています。

本調査事業では、米国政府の常時診断・リスク緩和プログラム(Continuous Diagnostics & Mitigation (CDM) Program)についての基礎的な内容調査および常時監視システムの試験研究を行うための事前準備作業を行います。

(2)事業期間

2020年度

(3)公募期間

2020年9月30日~2020年10月16日(最終日正午まで)の予定です。

2.説明会

新型コロナウイルス感染症による影響を考慮し、公募説明会は行いません。本事業の内容及び契約に関するご質問等は問い合わせ先までご連絡下さい。

3.応募方法等

本ページ最下の資料欄から必要な書類をダウンロードしてください。

契約約款はこちらをご参照ください。

その他

応募状況等により、公募期間を変更することがあります。公募期間を変更する場合には、NEDOホームページにてお知らせします。

また、公募情報に関するお知らせはNEDO公式Twitterにて随時配信しております。ぜひフォローいただき、ご活用ください。

資料

募集要項

技術・事業分野 ネットワーク/コンピューティング プロジェクトコード P19001
事業名 Connected Industries推進のための協調領域データ共有・AIシステム開発促進事業 (米国におけるCDM(Continuous Diagnostic and Mitigation:継続的な診断とリスクの緩和)についての基礎調査)
事業分類 調査等
対象者 企業(団体等を含む)、大学等
公募期間 2020年09月30日~2020年10月16日
問い合わせ先 IoT推進部 CI実装グループ
担当者:山岡、工藤
TEL:044-520-5211­ E-MAIL:cip@ml.nedo.go.jp

関連ページ