本文へジャンプ

決定「高効率・高速処理を可能とするAIチップ・次世代コンピューティングの技術開発事業/革新的AIエッジコンピューティング技術の開発」に係る追加公募における実施体制の決定について

2020年7月6日

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」という。)は、「高効率・高速処理を可能とするAIチップ・次世代コンピューティングの技術開発事業/革新的AIエッジコンピューティング技術の開発」に係る追加公募の公募を実施し、ご提案いただいた7件の提案について審査を行い、以下のとおり実施予定先を決定いたしました。

なお、採択審査委員一覧は、別添のとおりです。

件名

「高効率・高速処理を可能とするAIチップ・次世代コンピューティングの技術開発事業/革新的AIエッジコンピューティング技術の開発」に係る追加公募

事業概要

NEDOは、2018年度からネットワークの末端(エッジ)で高度な情報処理を行う革新的なAIエッジコンピューティング技術の開発に着手し、その内の開発テーマの一つとして「セキュアオープンアーキテクチャ基盤技術とそのAIエッジ応用研究開発」を推進しています。

本テーマでは、オープンソースの命令セット・ アーキテクチャ(ISA)として欧米やアジアを中心に急速に注目が高まっているRISC-Vのコアをベースとして、高信頼性を確保するための鍵管理技術やトラスト実行環境(TEE)に準拠したセキュリティ基盤技術等を開発することを目的としています。

RISC-Vコアをベースとした集積回路やそれを用いたアプリケーションの開発環境の整備、拡張を行うために、誰もが使いやすい組み込みシステム向けソフトウェアスタック群の研究開発を行います。これにより、RISC-Vコア等の活用を国内のFA、ロボット、医療機器等のロングテールユーザー及び中小・ベンチャー企業等まで広く普及させる技術開発を行います。

委託予定先

イーソル株式会社、株式会社ユーリカ、京都マイクロコンピュータ株式会社、株式会社エヌエスアイテクス

詳細資料

募集要項

技術・事業分野 ネットワーク/コンピューティング プロジェクトコード P16007
事業名 高効率・高速処理を可能とするAIチップ・次世代コンピューティングの技術開発事業
事業分類 研究(委託、共同研究、助成)
対象者 企業(団体等を含む)、大学等
問い合わせ先 IoT推進部
担当者:広瀬、西山
E-MAIL:ai.comp@ml.nedo.go.jp

関連ページ