本文へジャンプ

決定「高効率・高速処理を可能とするAIチップ・次世代コンピューティングの技術開発に係る人材育成のための課題調査」に係わる実施体制の決定について

2021年8月12日

国立研究開発法人新エネルギー ・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」という。)は、「高効率・高速処理を可能とするAIチップ・次世代コンピューティングの技術開発に係る人材育成のための課題調査」に係わる公募を実施し、ご提案いただいた1件の提案について外部有識者による採択審査委員会及びNEDO内部の厳正な審査を経て、実施予定先を決定いたしました。なお、採択審査委員一覧は別添1のとおりです。

事業概要

loT社会の到来により急増した情報を効率的に活用するためには、従来のサーバ集約型のクラウドコンピューティングに加えて、ネットワ ークのエッジ側で中心的な情報処理を行うエッジコンピューティングにより、情報処理の分散化を実現することが不可欠です。また、情報処理の高速化や省エネルギー化の重要性が高まる中、半導体の開発指標とされてきたムーアの法則の終焉が叫ばれ、既存技術の延長による性能の向上は限界を迎えつつあります。

エッジ側でAI処理を実現するためには、小型かつ省エネルギーながら高度な処理能力を持つチップと、それを用いたコンピューティング技術が必要です。また、クラウド側においても、増加が著しいデータの処理能力を劇的に低減するためには、従来の延長線上にない新たな技術の実現が求められます。

このような背景から、NEDOでは、2018年度より「革新的AIエッジコンピューティング技術」及び「次世代コンピューティング技術」に関する研究開発事業を推進しています。

本研究開発事業で扱うAI等のコンピューティング技術分野においては、目まぐるしいスピードで技術革新が起き、世界中で新しいアイデアが次々と生まれています。本調査においては、「AIエッジコンテスト」の運営を通して新しいアイデアや人材の発掘・育成、調査等を行うものです。

実施予定先

株式会社SIGNATE

事業期間

NEDO が指定する日から2023年3月17日まで

詳細資料

募集要項

技術・事業分野 ネットワーク/コンピューティング プロジェクトコード P16007
事業名 「高効率・高速処理を可能とするAIチップ・次世代コンピューティングの技術開発に係る人材育成のための課題調査」に係わる公募について
事業分類 調査等
対象者 企業(団体等を含む)
問い合わせ先 IoT推進部
担当者:安茂、村山
E-MAIL:ai.comp@ml.nedo.go.jp

関連ページ