本文へジャンプ

本公募2021年度「スマートコミュニティ実証事業に関する技術の海外展開ポテンシャル調査」に係る公募について

2021年6月30日

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」という。)は、下記事業の実施者を一般に広く募集いたしますので、本件について受託を希望する方は、以下に基づきご応募ください。

情報を更新しました
2021年7月6日 資料欄に「公募説明資料」を掲載しました。

募集事業について

1.事業内容

(1)概要

我が国を始め各国がカーボンニュートラルを目指す姿勢を示す中、今後も伸長が見込まれるスマートコミュニティ分野をはじめ、民生・運輸分野等における省エネルギー化や電化、再生可能エネルギー導入拡大にあたり、我が国の優れた技術・世界に抜きんでた技術を組み合わせて構築するシステムが、世界で顕在化する課題や各国・地域のニーズに対応し、挑戦的な実証研究となり得ることを見通すことを目的に、本調査を実施します。

NEDOでは、2010年以降、スマートコミュニティ分野において、現在まで継続的に世界をリードする挑戦的な取り組みとして複数の国・地域で我が国の優れた技術・システムを導入し、その効果を検証してきました。この間、当該分野は世界的にも高い注目を集め、再生可能エネルギーの導入拡大に対応する電力系統安定化という視点だけでなく、水素や熱、利用側では各種電動モビリティ等を活用することで地域をあげて低炭素社会を実現しようとする動きが、特に欧米を中心に、極めて高い目標を設定して進みつつあります。

そこで、本調査では、世界のエネルギーセキュリティ向上及び低炭素社会の実現に向けて、スマートコミュニティ分野で我が国が競争力を維持・強化するに適すると考えられる技術・システムの有用性を具体的に確認するとともに、世界の競合に打ち勝つためのプラットフォームの活用や、他分野との連携の可能性等も含めて検討することで、対象とする国・地域での実証に向けた基盤を整え、我が国企業等の海外展開を促進します。

(2)対象分野

調査の実施にあたっては、既に世界的にニーズが顕在化している9の対象分野のうちいずれか1つを選択してください。

  1. 製造・産業プロセスの電化 (オール電化作業所等)
  2. 熱利用の高度化 (面的利用を含む)
  3. e-モビリティ
  4. V2X(電力系統への影響緩和に関するものを含む)
  5. 再エネ100%に向けて必要となる制御・システム
  6. レジリエンス向上に資するシステム
  7. 送配電網の保守・運用高度化
  8. VPP、DR (家庭・業務分野の新たな制御対象リソースの検討に関するものを含む)
  9. スマートシティ

(3)事業期間(予定)

NEDOが指定する日から2022年3月15日まで

2.応募方法等

本ページ最下の資料欄から必要な書類をダウンロードし、必ず受付期間内に次のWeb入力フォームから必要情報の入力と提案書類及び関連資料のアップロードを行ってください。その他の方法(持参・郵送・FAX・メール等)による応募は受け付けません。提出期限直前は混雑する可能性がありますので、余裕をもって提出してください。

受付期間:2021年6月30日(水)~2021年7月26日(月)正午

本公募により実施する事業には、以下の標準契約書を適用します。

  • 調査委託契約標準契約書

契約約款はこちらをご参照ください。

3.説明会

新型コロナウイルス感染症による影響を考慮し、説明会は開催いたしません。

今後、説明資料を掲載するとともに、本公募の内容及び契約に関するご質問等を受け付けますので、問い合わせ先までE-MAILにてご連絡下さい。なお、審査の経過等に関する問い合わせには応じられません。

4.その他

公募情報に関するお知らせはNEDO公式Twitterにて随時配信しております。ぜひフォローいただき、ご活用ください。

資料

募集要項

技術・事業分野 スマートコミュニティ
国際展開支援
プロジェクトコード P93050
事業名 スマートコミュニティ実証事業に関する技術の海外展開ポテンシャル調査
事業分類 調査等
対象者 企業(団体等を含む)
公募期間 2021年06月30日~2021年07月26日
問い合わせ先 スマートコミュニティ・エネルギーシステム部
担当者:藤原、楠瀬
E-MAIL:smartcommunity@ml.nedo.go.jp

関連ページ