本文へジャンプ

本公募「既存インフラおよび需要施設等への直流利活用の実施可能性調査」に係る公募について

2021年7月16日

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」という。)は、下記事業の実施者を一般に広く公募いたしますので、本件について受託を希望する方は、下記に基づき、御応募ください。

募集事業について

1.事業内容

(1)概要

本調査事業は、国内外の最新情報を収集、課題を整理し策定した技術マップ及び技術ロードマップをもとに、既存の既存インフラおよび需要施設等へ直流システムを社会実装する際の具体的な技術仕様・要項、システム(方式)変更時・過渡期の対処方法、また、技術以外の課題への対処方針策定など、モデル都市/エリアを想定した実施可能性調査(フィージビリティスタディ)を行う。

また、現在実施されている海外の類似の構想や実証事業等との比較検討を行い、類型整理することで、直流利活用技術の社会実装の早期普及・拡大に貢献することで、カーボンニュートラル実現の一助となることを目的とする。

(2)事業期間

NEDOの指定する日から2022年3月18日までの間

(3)公募期間

2021年7月16日~2021年7月29日

2.説明会

新型コロナウイルス感染症による影響を考慮し、当該事業及び公募に係る説明会の開催は予定しておりません。本事業の内容及び契約に関する質問等は、下記「問い合わせ先」までご連絡ください。

3.応募方法等

本ページ最下の資料欄から必要な書類をダウンロードし、必ず受付期間内に次のWeb入力フォームから必要情報の入力と提案書類及び関連資料のアップロードを行って下さい。その他の方法(持参・郵送・FAX・メール等)による応募は受け付けません。提出期限直前は混雑する可能性がありますので、余裕をもって提出してください。

なお、本事業には、調査委託契約標準契約書を適用します。

契約約款はこちらをご参照ください。

4.その他

本公募では、過去のNEDO研究開発プロジェクトの実績調査を実施いたします。

公募情報に関するお知らせはNEDO公式Twitterにて随時配信しております。ぜひフォローいただき、ご活用ください。

資料

募集要項

技術・事業分野 スマートコミュニティ プロジェクトコード P19002
事業名 既存インフラおよび需要施設等への直流利活用の実施可能性調査
事業分類 調査等
対象者 企業(団体等を含む)、大学等
公募期間 2021年07月16日~2021年07月29日
問い合わせ先 スマートコミュニティ・エネルギーシステム部
担当者:廣瀬、遠藤、飯原
E-MAIL:smartcommunity@ml.nedo.go.jp

関連ページ