本文へジャンプ

本公募「水素社会構築技術開発事業/総合調査研究(イ)水素製造・輸送・貯蔵・利用等に関する調査研究/水素製造装置の常用圧力引き上げに係る規制適用の適正化に関する調査」に係る公募について

2022年7月27日

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」という。)は、下記事業の実施者を一般に広く募集いたしますので、本件について受託を希望する方は下記に基づき御応募ください。

募集事業について

1.事業内容

研究開発項目IV:「総合調査研究」(イ)水素製造・輸送・貯蔵・利用等に関する調査研究

(1)事業目的

水素社会の実現に向け、水素需要の拡大や水素サプライチェーンの構築に関する調査・研究を行う。

(2)調査概要・目的

本調査では、水電解による水素製造装置を対象に、高圧型水素製造装置(1MPa以上の吐出圧力を想定)の技術基準策定に必要な研究項目や評価手法等の明確化を図ることを目的に、以下の項目について調査・分析を行う。詳細は仕様書のとおりです。

  • 〔1〕 国内2社以上および海外2社以上の水電解による水素製造装置について、基本仕様および維持管理、運用方法等のファクトを収集し、それらの比較を行う。
  • 〔2〕 国際競争力確保の観点から、国内の水素製造装置メーカーが海外市場へ参入する際の障壁、および高圧型水素製造装置の研究開発や製作に際しての国内技術基準や規制に関する現状課題等について調査を行う。
  • 〔3〕 水素製造装置の高圧化によって得られるコストメリットをCAPEX、OPEXのそれぞれの観点から検討する。
  • 〔4〕 高圧型水素製造装置の研究開発にあたって課題となる技術基準等に関して、研究開発項目および評価方法の明確化を図る。

(3)事業期間

2022年度

2.説明会

公募説明会は開催いたしません。本事業の内容及び契約に関するご質問等は、問い合わせ先までご連絡下さい。

3.応募方法等

本ページ最下部の資料欄から必要な書類をダウンロードし、必ず受付期間内に以下のWeb入力フォームから必要情報の入力、提案書類および関連資料のアップロードを行ってください。ほかの方法(持参・郵送・FAX・メール等)による応募は受け付けません。提出期限直前は混雑する可能性がありますので、余裕をもって提出してください。

本公募により実施する事業には、以下の標準契約書を適用します。

  • 調査委託契約標準契約書

契約約款はこちらをご参照ください。

その他

公募情報に関するお知らせはNEDO公式Twitterにて随時配信しております。ぜひフォローいただき、ご活用ください。

資料

募集要項

技術・事業分野 燃料電池・水素 プロジェクトコード P14026
事業名 水素社会構築技術開発事業(総合調査研究)
事業分類 調査等
対象者 企業(団体等を含む)、大学等
公募期間 2022年07月27日~2022年08月10日
問い合わせ先 スマートコミュニティ・エネルギーシステム部 燃料電池・水素室
担当者:井山、湯浅、菖蒲
E-MAIL:hydrogen#ml.nedo.go.jp (#を@に変えてください)

関連ページ