本文へジャンプ

本公募「官民による若手研究者発掘支援事業」に係る公募について

2024年3月27日

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」という。)は、「官民による若手研究者発掘支援事業」(若サポ)の実施者を一般に広く募集いたします。本事業への応募を希望される方は、下記に基づきご応募ください。

なお、本事業は国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)と連携して実施するものです。

更新情報
2024年4月17日 公募説明資料の誤記を修正しました。FAQの誤記を修正しました。
2024年4月12日 公募説明資料にe-Rad入力時の留意点を追加しました。
2024年4月9日 公募説明資料および事前書面審査評価候補者一覧を掲載しました。
2024年4月3日 公募説明会の開催日程を追加しました。
様式1-2および様式2-2を差替えました。(一部セルの入力不可エラーの修正)
2024年4月1日 官民による若手研究者発掘支援事業費助成金交付規程を掲載しました。

募集事業について

1.事業内容

(1)概要

本事業は、実用化に向けた目的志向型の創造的な基礎又は応用研究を行う大学等に所属する若手研究者を発掘し、若手研究者と企業との共同研究等の形成を促進する等の支援をすることにより、次世代のイノベーションを担う人材を育成するとともに、我が国における新産業の創出等に貢献することを目的として実施します。

〔1〕共同研究フェーズ

大学等に所属する若手研究者が企業と共同研究等の実施に係る合意書を締結し、企業から大学等に対して共同研究等費用が支払われることを条件として、実用化に向けた目的志向型の創造的な基礎又は応用研究を実施するものについて助成します。

〔2〕マッチングサポートフェーズ

大学等に所属し、産業界が期待する目的志向型の創造的な基礎又は応用研究を実施する若手研究者と企業との共同研究等の機会を創出するためのマッチング支援を行います。

また、審査で助成対象事業として採択されたものについて助成します。

過去の研究シーズマッチングイベントについては、下記サイトをご参照ください。

別ウィンドウで開きます若手研究者産学連携プラットフォーム「お知らせ」

(2)事業期間

〔1〕共同研究フェーズ

助成事業期間は最大3年間(4カ年度)とします。但し、助成金の交付決定期間は2年間(3カ年度)とし、2年目終了前に外部有識者による中間評価を実施し、研究開発実施内容の見直しや、研究開発の中止など、3年目の助成事業継続の可否を審査します。共同研究フェーズにおいては、助成事業期間終了後、5年以内の実用化(研究開発の成果が産業に応用されること)を目指すものとします。

〔2〕マッチングサポートフェーズ

助成事業期間は最大2年間(3カ年度)とし、期間中は技術シーズのウェブサイト掲載やマッチングイベント等のマッチング支援を実施します。

マッチングサポートフェーズの期間中に企業との共同研究等の形成に至った場合は、1年目終了前および2年目終了前に外部有識者によるステージゲート審査を行い、共同研究フェーズでの助成事業実施の可否を審査します。共同研究フェーズでの助成事業期間は最大3年間とします。

(3)対象事業

〔1〕共同研究フェーズ

産業技術分野及びエネルギー・環境分野での実用化に向けた目的志向型の創造的な基礎又は応用研究で、新産業の創出等に貢献することを目指して企業との共同研究等を行うもの。

但し、医薬・創薬分野、医療機器分野での実用化に事業目的を限定した研究開発提案は対象外とします。

〔2〕マッチングサポートフェーズ

産業技術分野及びエネルギー・環境分野での実用化を目指す目的志向型の創造的な基礎又は応用研究で、産業界が期待する研究開発であり、研究開発の成果が産業に応用されることを目的として、今後企業との共同研究等の実施を目指すもの。

但し、医薬・創薬分野、医療機器分野への応用のみを想定した研究開発提案は対象外とします。

(4)助成金の額

〔1〕共同研究フェーズ

共同研究等を実施する企業から支払われる共同研究等費とNEDOからの助成金を合わせた研究開発事業費の総額は1テーマあたり60百万円以内/年とします。

但し、NEDOからの助成金は企業から支払われる共同研究等費と同額以下とし、1テーマあたり30百万円以内/年を助成します。下限額はありませんが、予算計画を含めた研究計画全体が審査の対象となります。

〔2〕マッチングサポートフェーズ

1テーマあたりの助成金の額は、2024年度及び2025年度の合計で10百万円以内、2026年度は0円とします。下限額はありませんが、予算計画を含めた研究計画全体が審査の対象となります。

2.説明会

多くの研究者に提案書をお出しいただきたく、本公募の内容について、(1)公募説明動画、(2)公募説明会を行います。

(1)公募説明動画

<近日中に掲載予定>

(2)公募説明会

事業および当該公募についての説明会をオンライン(Microsoft Teams ウェビナー)にて開催します。(各回とも同内容)

参加にあたっては、各日程の登録フォーム(Microsoft Teams ウェビナー)からお申し込みください。

なお、応募にあたって本公募説明会への参加は必須ではありません。

近日中に掲載予定の公募説明動画もぜひご覧ください。

  • 第1回 4月12日(金)16時00分~17時00分 開催済
  • 第2回 4月16日(火)10時00分~11時00分 開催済
  • 第3回 4月17日(水)17時00分~18時00分 別ウィンドウで開きます登録フォーム
  • 第4回 4月22日(月)11時00分~12時00分 別ウィンドウで開きます登録フォーム

本ページ最下の「資料」欄に、公募説明資料及びFAQ(よくあるご質問)を掲載しておりますのでご参照ください。

3.応募方法等

本ページ最下の「資料」欄から、必要な書類をダウンロードしてください。

<e-Rad>

本事業への応募は、府省共通研究開発管理システム(e-Rad)による申請の手続きが必要です。e-Radによる申請手続きを行わないと、本事業への申請ができませんのでご注意ください。

詳細は公募要領及び以下のページをご覧ください。

別ウィンドウで開きますe-Rad ポータルサイト

なお、e-Radへの登録には日数を要する場合がありますので、2週間以上の余裕をもって登録手続きをしてください。

<e-Radへの登録に関するヘルプデスク>

  • 電話番号:0570-057-060(ナビダイヤル)、03-6631-0622(直通)
  • 受付時間:午前9時00分~午後6時00分(平日)
  • ※土曜日、日曜日、国民の祝日及び年末年始(12月29日~1月3日)を除く

4.提出期限・提出先・問い合わせ先

公募要領に従って提出書類を作成し、以下の提出期限までにe-Radにてご提出ください。

なお、事情により共同研究フェーズ、マッチングサポートフェーズともに提出期限を変更する場合があります。

【提出期限】2024年5月14日(火)正午<厳守>

※共同研究フェーズ・マッチングサポートフェーズ共通

【提出先】共同研究フェーズ、マッチングサポートフェーズとも、e-Radから応募してください。

※フェーズごとに公募が異なりますのでご注意ください。

  • 〔1〕共同研究フェーズ:「官民による若手研究者発掘支援事業/共同研究フェーズ」
  • 〔2〕マッチングサポートフェーズ:「官民による若手研究者発掘支援事業/マッチングサポートフェーズ」

【問い合わせ先】新領域・ムーンショット部 若サポ担当

5.その他

公募情報に関するお知らせはNEDO公式X(旧Twitter)にて随時配信しております。ぜひフォローいただき、ご活用ください。

資料

募集要項

技術・事業分野 分野横断的公募事業
プロジェクトコード P20004
事業名 官民による若手研究者発掘支援事業
事業分類 研究(委託、共同研究、助成)
対象者 大学等
公募期間 2024年03月27日~2024年05月14日
問い合わせ先 新領域・ムーンショット部
担当者:若サポ担当(問い合わせ先は上記)

関連ページ