本文へジャンプ

CNF複合材料がエコプロアワードで奨励賞を受賞

2019年9月12日
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
理事長 石塚博昭

NEDOのセルロースナノファイバー(CNF)複合材料開発プロジェクトの成果をもとに、星光PMC(株)が開発したCNF複合材料「STARCEL®」が、優れた環境配慮が組み込まれた製品や技術を表彰する「第2回エコプロアワード」で奨励賞を受賞しました。

受賞した「STARCEL®」は、NEDOプロジェクトにおいて、京都大学を主体とする産学連携グループが開発したCNF補強の樹脂材料とその製造プロセス「京都プロセス」を活用し、星光PMC(株)が2018年1月に商業生産を開始したCNF複合材料です。

  • CNF複合材料「STARCEL®」の写真
    図1 CNF複合材料「STARCEL®」
  • 「STARCEL®」を使用した発泡体の電子顕微鏡写真
    図2 「STARCEL®」を使用した発泡体の電子顕微鏡写真

1.概要

セルロースナノファイバー(CNF)は、持続型木質バイオマス資源由来の、軽量、高強度、低熱膨張なナノ繊維で、樹脂補強繊維としての利用が期待されています。

国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)では、2010年度に、CNF補強の樹脂材料とその製造プロセスの開発を行う研究開発事業※1を立ち上げ、その中で、国立大学法人京都大学を主体とする産学連携グループが、CNF補強の樹脂材料の開発と、木材パルプに化学処理を施した変性セルロースを樹脂と混練し、同時にナノ解繊※2する製造プロセス(京都プロセス※3)の開発に取り組みました。そして本研究開発の成果をもとに、星光PMC株式会社が独自に改良を重ね、CNF複合材料の製品化に成功し、「STARCEL®」として、2018年1月から商業生産を開始しています。高強度で熱膨張しにくいといった優れた特性を持つことから、これまでに、株式会社アシックスのランニングシューズに採用されています。

今般、優れた環境配慮が組み込まれた製品や技術を表彰する「第2回エコプロアワード※4」で、「STARCEL®」が奨励賞を受賞しました。

「STARCEL®」をはじめとするCNF複合材料は、スポーツ用品だけでなく、自動車や家電、建材など、さまざまな分野への応用が期待されています。NEDOは、CNFの一貫製造プロセスの開発を引き続き推進し、今後、これらの分野への社会実装に向けた取り組みを進めていきます。

【注釈】

※1 研究開発事業
グリーン・サステイナブルケミカルプロセス基盤技術開発/セルロースナノファイバー強化による自動車用高機能化グリーン部材の研究開発期間
事業期間:
2010年度~2012年度
参加機関:
国立大学法人京都大学、地方独立行政法人京都市産業技術研究所、王子ホールディングス株式会社、三菱ケミカル株式会社、DIC株式会社、星光PMC株式会社
※2 ナノ解繊
パルプを機械的手法でセルロースナノファイバーのレベルにまでほぐすことです。
※3 京都プロセス
原料である木材や竹などの木質バイオマスからリグノパルプを製造し、それを化学処理後に、樹脂と溶融混練して、高耐熱CNF強化樹脂材料を連続的に製造するプロセスのことです。化学変性リグノパルプが溶融混練時にナノ化し樹脂中に均一に分散することで、高性能のプラスチック材料を効率的に製造できます。
※4 エコプロアワード
一般社団法人産業環境管理協会が主催。日本の環境貢献製品「エコプロダクツ」のさらなる開発・普及を図ることを目的に2004年度創設。2018年度にそれまでの「エコプロダクツ大賞」から「エコプロアワード」にリニューアルされました。

2.問い合わせ先

(本ニュースリリースの内容についての問い合わせ先)

NEDO 材料・ナノテクノロジー部 担当:沖、山本 TEL:044-520-5220 E-mail:ligno_cnf@ml.nedo.go.jp­

(その他NEDO事業についての一般的な問い合わせ先)

NEDO 広報部 担当:佐藤、坂本、中里 TEL:044-520-5151­ E-mail:nedo_press@ml.nedo.go.jp