本文へジャンプ

インドネシアで圧縮天然ガス(CNG)車の普及に向け本格実証運転を開始へ
―CNG充填所が完成、日本のCNG設備の安全性と品質を検証―

2019年12月17日
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
理事長 石塚博昭

NEDOはインドネシアでの圧縮天然ガス(CNG)車普及に向けたインフラ構築を含む持続可能な環境整備を行う実証事業を実施しており、トヨタ自動車(株)、日野自動車(株)、豊田通商(株)、東邦ガスエンジニアリング(株)、(一財)日本自動車研究所とともに建設を進めていたCNG充填所が、ジャカルタ近郊カラワン(Karawang)工業団地に完成しました。

既に、NEDOは同国にCNG乗用車10台とCNG貨物車18台を導入し、モニター運転と運行基礎データの取得を行っており、今後、実使用環境下でCNG充填所を稼働させることにより、実証事業を本格化します。さらに、2020年4月には、ジャカルタ首都圏2カ所の既存給油所にCNG充填所を併設し、その後約1年間の実証運転で、CNGの品質、給ガス設備の安全性と保全性の確認を行う計画です。

本事業により、日本の技術によるCNG充填所やCNG車の導入・運行を通じて、国際基準に沿った品質のCNG車用燃料を供給できるインフラ導入の働きかけや、インドネシア政府や業界団体への関係制度・基準の設計支援を行い、CNG車普及による省エネルギー化、温室効果ガス削減を目指します。

なお、カラワン(Karawang)工業団地のCNG充填所の稼働に向け、本日現地にて完成式典を行いました。

  • カラワン(Karawang)工業団地CNG充填所のイメージ図
    図1 カラワン(Karawang)工業団地CNG充填所
  • CNGディスペンサーのイメージ図
    図2 CNGディスペンサー
  • ジャカルタ市内のCNG充填所で充填中の実証運転中のCNG乗用車の写真
    図3 ジャカルタ市内のCNG充填所で
    充填中の実証運転中のCNG乗用車
  • 実証運転中のCNG貨物車の写真
    図4 実証運転中のCNG貨物車

1.概要

現在、インドネシアでは石油製品の輸入・消費抑制を目的に産業分野や輸送分野において自国の天然ガスの利用拡大が進められており、とりわけ圧縮天然ガス(CNG)車とCNG充填所の拡大に取り組んでいます。また、CNGは既存のガソリンと比べて走行時に排出される温室効果ガスが少ないという特長があります。

2017年12月、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)とインドネシアのエネルギー鉱物資源省石油ガス総局(MIGAS)は、日本の技術を導入したCNG車とCNG充填所の設置、運用の実証を通じて、同国でCNG車が持続的に普及する環境づくりを行うことに合意し、基本協定書(MOU)を締結しました。また、トヨタ自動車株式会社、日野自動車株式会社、豊田通商株式会社、東邦ガスエンジニアリング株式会社、一般財団法人日本自動車研究所のコンソーシアムは、インドネシア国有石油会社のプルタミナ社と共同で事業を推進するため、協定付属書(ID)を締結しました。

  • 実証事業実施体制図(期間:2017年12月~2021年3月)のイメージ図
    図5 実証事業実施体制図(期間:2017年12月~2021年3月)

本年度には、CNG乗用車10台とCNG貨物車18台を導入し、現地企業やエネルギー関係者によるモニター運転を行いつつ、運行基礎データ(走行距離と燃費、給ガス時間、メンテナンス)の取得を始めています。その際、CNGの充填は、ジャカルタ市内に既存の充填所や移動式充填タンクで行っていました。

NEDOとコンソーシアムはジャカルタ近郊のカラワン(Karawang)工業団地において、主にCNG貨物車向けのCNG充填所を完成させました。今後、先に運行を開始したCNG車に加え、給ガス設備を実使用環境下で稼働することにより、CNG車用燃料の品質確認(熱量・水分・オイル分などの国際規格の遵守)とCNG車の性能・信頼性に与える影響評価、給ガス設備の安全性と保守性の確認を開始します。さらに、2020年4月にはジャカルタ首都圏2カ所の既存給油所に、CNG乗用車向け充填所を併設し、その後約1年間の実証運転を行う計画です。

本事業により、日本の技術によるCNG充填所やCNG車の導入・運行を通じて、国際基準に沿った品質のCNG車用燃料を供給できるインフラ導入の働きかけや、インドネシア政府や業界団体への関係制度・基準の設計支援を行い、CNG車普及による省エネルギー化と温室効果ガス削減を目指します。

なお、CNG充填所の稼働に向けて、本日現地にて現地政府やNEDO、コンソーシアムの関係者らが出席し完成式典を行いました。

2.実証する技術の内容

(1)CNG充填所の運用(CNG供給システム)

今般完成したカラワン(Karawang)工業団地のCNG充填所に加え、2020年4月までにジャカルタ既存給油所2カ所にCNG充填所を併設し、実使用環境下での操業、実証を行います。

  • CNG充填所から供給されるCNG車用燃料の品質(熱量・水分・オイル分など)のCNG車両用燃料規格(一般社団法人日本自動車工業会推奨、Worldwide Fuel Charterで審議中のガイドライン)への適合状況などを確認。CNG車の性能・信頼性に与える影響を評価。
  • CNG充填所導入機器と設計システムについて、安全性、給ガス時間の短縮、保守性の観点で妥当性を検証。

(2)CNG車の導入と運行(車両のCNG化)

  • CNG車の運行基礎データ(走行距離と燃費、給ガス時間、メンテナンス)を取得し、車種・用途への適合性と代替効果・環境改善効果を検証。

3.問い合わせ先

(本ニュースリリースの内容についての問い合わせ先)

NEDO 省エネルギー部 担当:宮崎、鈴木 TEL:044-520-5284­

(その他NEDO事業についての一般的な問い合わせ先)

NEDO 広報部 担当:中里、坂本、佐藤 TEL:044-520-5151­ E-mail:nedo_press@ml.nedo.go.jp

関連ページ