本文へジャンプ

「CCS大規模実証試験」総括報告書を公表

2020年5月15日
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
理事長 石塚博昭

NEDOは、北海道苫小牧市での二酸化炭素回収・貯留(CCS)大規模実証試験で、2019年11月に二酸化炭素の累計圧入量が目標値である30万トンを達成しました。

今般、30万トン圧入時点の本実証試験で得られた成果と課題を機械工学、化学工学、地質学、地球物理学など幅広い分野の専門家による議論を踏まえて、「苫小牧におけるCCS大規模実証試験30万トン圧入時点報告書(総括報告書)」として取りまとめ、公表しました。

1.概要

二酸化炭素回収・貯留(Carbon dioxide Capture and Storage, CCS)は、工場や発電所などから排出される二酸化炭素(CO2)を大気放散する前に回収し、地下へ貯留する技術です。CCSは、2019年6月に閣議決定した「パリ協定に基づく成長戦略としての長期戦略」において、「とりわけ石炭火力発電については、商用化を前提に、2030年までにCCSを導入することを検討する」と位置付けられています。

経済産業省では、2012年度から2017年度まで「二酸化炭素削減技術実証試験事業」を日本CCS調査株式会社へ委託し、苫小牧市にて実証試験を行いました。2018年度からは、経済産業省から事業を移管され、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が、「CCS研究開発・実証関連事業/苫小牧におけるCCS大規模実証試験」として、CCS実証試験を推進してきました。

2012年度から2015年度の4年間は、必要な設備の設計・建設や調査を実施しました。2016年4月からは、年間10万トン規模のCO2圧入を目標に、海底下約1,000mの地層及び約2,400mの地層に圧入し、2019年11月22日に、累計圧入量が目標の30万トンを達成しました。

今般、CO2圧入量の目標値達成にともない、機械工学、化学工学、地質学、地球物理学など幅広い分野の専門家による議論を踏まえた上で、30万トン圧入時点での本実証試験において得られた成果と課題を「苫小牧におけるCCS大規模実証試験30万トン圧入時点報告書(総括報告書)」としてとりまとめました。

「総括報告書」と概要は、別紙をご覧ください。

2.今後の予定

NEDOは、貯留地点周辺地域における微小振動観測や海洋環境調査、圧入したCO2の挙動(移動、広がり)のモニタリングなどを引き続き実施します。また、CCS実証設備を有効活用し、メタノール合成などのカーボンリサイクル実証を行い、苫小牧におけるCCS/カーボンリサイクル実証拠点化を進めます。

3.問い合わせ先

(本ニュースリリースの内容についての問い合わせ先)

NEDO 環境部 担当者:新郷、今村、布川 TEL:044-520-5293

(その他NEDO事業についての一般的な問い合わせ先)

NEDO 広報部 担当:坂本、佐藤 TEL:044-520-5151 E-mail:nedo_press@ml.nedo.go.jp