本文へジャンプ

組織変更のお知らせ
―グリーンイノベーションの加速に向けて、機動的な組織体制を構築―

2021年4月1日
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
理事長 石塚博昭

NEDOは、4月1日付で、「グリーンイノベーション基金事業統括室」、「スマートコミュニティ・エネルギーシステム部」、「燃料電池・水素室」、「新領域・ムーンショット部」、「人材開発室」を設置するとともに、卓越したスキルにより特定の技術領域を統括する職位「ストラテジーアーキテクト(SA)」を創設し、グリーンイノベーションの加速などに向けた機動的な組織体制を構築しました。

1.概要

世界各国において、持続可能な社会の実現に向けた取り組みを通じて経済成長へとつなげていく方針が打ち出されている中、日本においても「2050年カーボンニュートラルに伴うグリーン成長戦略」が2020年12月に策定され、この政策を実現するための「グリーンイノベーション基金事業※1」が新たに創設されました。また欧州を中心に低炭素なエネルギーシステムの実現のため、さまざまなエネルギー技術を統合させて一体的に進める動きも出てきています。

こうした情勢の変化を捉え、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、「グリーンイノベーション基金事業」を始めとした新たな事業や世界の動きに対応するため、研究開発プロジェクトの強力な推進、新領域におけるイノベーションの加速、そのための人材開発などを目的として、2021年4月1日付けで組織体制の変更を行いました。

今後、技術開発成果の社会実装を促進するイノベーション・アクセラレーターとしての役割を一層強化し、経済と環境の好循環をはじめとする社会課題の解決へのさらなる貢献を目指します。

2.新たな組織体制(新設部署)

【1】「グリーンイノベーション基金事業統括室」の設置

「グリーンイノベーション基金事業」で実施する各分野のプロジェクトを統括し、推進します。

【2】「スマートコミュニティ・エネルギーシステム部」、「燃料電池・水素室」の設置

スマートコミュニティ、蓄電池、燃料電池、水素分野の技術開発を相互連携のもと横断的に実施します。また「燃料電池・水素室」を同部に設置し、当該分野の技術開発を一層強力に推進します。

【3】「新領域・ムーンショット部」の設置

新領域の研究やムーンショット型研究開発事業※2などを実施し、イノベーションの創出を推進します。

【4】人事部に「人材開発室」を設置

NEDO職員の能力向上に向けて、人材開発・育成体制のさらなる強化を図ります。

3.新たな職位「ストラテジーアーキテクト(SA)」

今後のイノベーションの大幅な加速に向けては、有望分野の研究開発を戦略的に推進することに加えて、その成果を着実に社会実装につなげることが重要とされており、研究開発プロジェクトのマネジメントもこの観点からの体制・取り組みを強化していく必要があります。

今回NEDOは、重要な技術分野について、深い知見やグローバルな人的ネットワーク、卓越したプロジェクトマネジメントスキルを有する者を、プロジェクトの統括責任者として配置するための新たな職位「ストラテジーアーキテクト(SA)」を創設しました。これにより一層機動的なプロジェクト運営体制の構築を図ります。

なお、4月1日より、重要な技術分野の一つである燃料電池・水素分野に対してSAを配置しました。

【注釈】

※1 グリーンイノベーション基金事業
事業紹介:サイト内リンク グリーンイノベーション基金事業
※2 ムーンショット型研究開発事業
事業紹介:サイト内リンク ムーンショット型研究開発事業

4.問い合わせ先

(本ニュースリリースの内容についての問い合わせ先)

NEDO 総務部 担当:綾、薄井 TEL:044-520-5100

NEDO 人事部 担当:木内、坂本 TEL:044-520-5102

(その他NEDO事業についての一般的な問い合わせ先)

NEDO 広報部 担当:坂本、鈴木(美) TEL:044-520-5151 E-mail:nedo_press@ml.nedo.go.jp