本文へジャンプ

本公募 「水素利用等先導研究開発事業/従来技術を凌駕する超高効率発電共通基盤研究開発」に係る公募について

2020年3月27日

概要

技術・事業分野 燃料電池・水素 プロジェクトコード P14021
事業名 水素利用等先導研究開発事業 (従来技術を凌駕する超高効率発電共通基盤研究開発)
事業分類 研究(委託、共同研究、助成)
調査等
対象者 企業(団体等を含む)
大学等
公募期間 2020年3月27日~2020年5月27日
問い合わせ先 次世代電池・水素部 燃料電池・水素グループ
担当者:高岡、小池、後藤、原
E-MAIL:hydrogen#ml.nedo.go.jp(#を@に変えてください)(受付期間:3月27日~5月19日)

詳細

情報を更新しました
2020年5月11日 【提案書提出方法の変更及び期間延長】
新型コロナウイルス感染症に関する緊急事態宣言が延長されたことを受け、提案書の提出方法は「郵送のみ」に変更させていただきます。それに伴いまして、提出期限を5月27日(水)正午「必着」に延長します。
2020年4月13日 【提案書の提出方法】
新型コロナウィルス感染症の影響により、提案書類の郵送での提出が困難な場合は、問い合わせ先までお問い合わせください。

【提案書の押印】
新型コロナウィルス感染症の影響によって、提案書への押印が提出期限までに完了しない場合、全法人または一部法人が未押印の提案書も受け付けることとします。ただし、6月9日(火)までに、改めて押印済みの表紙をご提出ください。この際、提案内容は変更できません。

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構は、下記事業の実施者を一般に広く募集いたしますので、本件について受託を希望する方は、下記に基づき御応募ください。

なお、本事業は、2020年度の政府予算に基づき実施するため、予算案等の審議状況や政府方針の変更等により、公募の内容や採択後の実施計画、概算払の時期等が変更される場合があります。

1.事業内容

(1)概要

化石燃料等の天然資源に恵まれない我が国は、1970年代の二度の石油危機以来、国民生活と産業活動の血脈であるエネルギーを海外に依存する構造的脆弱性を抱え続けています。加えて、2016年11月のパリ協定の発効を受け、脱二酸化炭素問題に対し、我が国としての責任を一層果たしていくことが求められています。

NEDOは、この様な状況下、脱二酸化炭素の切り札である水素社会の実現に向けて、水素の大量利用に関わる酸素水素燃焼による効率的発電技術は非常に重要な技術と位置づけています。

「水素利用等先導研究開発事業」全体では2040年以降という長期的視点に立ち、従来の開放系サイクル技術とは一線を隔す超高効率の発電技術を現時点から検討しておく必要性を踏まえ、従来技術を凌駕するポテンシャルを有する超高効率発電を対象として、燃焼器やタービン等の業界共通の要素研究を推進し、基盤技術確立を目的に以下の研究開発を実施します。

〔1〕安定した酸素水素燃焼を可能にする高温高圧燃焼機器の開発

バーナーの形状・構造・材料と燃焼の安定化のための制御等により、酸素水素高温高圧燃焼機器の実機試験を可能とする試験器製作のための基本設計を完成させる。

〔2〕クローズドサイクルの有する共通基盤技術課題の抽出及び解決手段の提示

酸素水素燃焼を含むクローズドサイクルシステムに潜在する共通課題を取り上げ、クローズドサイクルに共通するコジェネ利用時の変動対策に対するシミュレーション、高温高圧耐性シール技術、耐高温高圧水蒸気材料、冷却技術等の技術を確立する。

〔3〕社会実装シナリオの構築

本事業で取り組む基盤技術開発によって、2040年に本技術をベースとする超高効率発電が社会実装されるための社会ニーズと製品スペックの最適化を検討し、その実現に向けたシナリオを提示する。

なお、全テーマ共通で数値データの統計学的解析、機械学習等による条件の絞り込みによって抽出される制約条件等に基づく最適化戦略の構築など、研究効率向上に資する内容を含む提案には予算の重点配分をする場合があります。

(2)事業期間

2020年度~2022年度

2.説明会

新型コロナウイルス感染症による影響を考慮し、説明会は開催いたしません。

当該公募の内容、契約に係る手続き、提出書類等についてご質問がある場合には、3月27日から5月19日までの間に限り上記のメールアドレスにて受け付けます。

3.応募方法等

本ページ最下の資料欄から必要な書類をダウンロードしてください。

委託契約約款はこちらをご参照ください。

e-Rad

府省共通研究開発管理システム(e-Rad)に提案内容等をご登録いただく必要がございます。提案内容のご登録方法等、詳細は公募要領等をご覧ください。e-Radをご利用になるためには、御所属の研究機関(企業、国立研究開発法人、大学等の法人)又は研究者本人がe-Radに登録され、ログインID、パスワードを取得しておく必要がございます。登録方法については以下のページをご覧ください。

なお、e-Radへの登録に日数を要する場合がありますので、2週間以上の余裕をもって登録手続きをしてください。

e-Radへの登録に関するヘルプデスク
電話番号: 0570-066-877(ナビダイヤル)、03-6631-0622(直通)
受付時間: 午前9時00分~午後6時00分(平日)
(土曜日、日曜日、国民の祝日及び年末年始(12月29日~1月3日)を除く)

4.その他

公募情報に関するお知らせはNEDO公式Twitterにて随時配信しております。ぜひフォローいただき、ご活用ください。

資料