本文へジャンプ

本公募 「高効率・高速処理を可能とするAIチップ・次世代コンピューティングの技術開発/【研究開発項目〔2〕】次世代コンピューティング技術の開発」に係る追加公募について

2020年2月10日

概要

技術・事業分野 ネットワーク/コンピューティング プロジェクトコード P16007
事業名 高効率・高速処理を可能とするAIチップ・次世代コンピューティングの技術開発事業
事業分類 研究(委託、共同研究、助成)
対象者 企業(団体等を含む)
大学等
公募期間 2020年2月10日~2020年3月11日
問い合わせ先 IoT推進部 
担当者:濱口、熊谷、神邊、丹野、上野、遠藤
E-MAIL:ai.comp@ml.nedo.go.jp

詳細

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」という。)は、下記事業の実施者を一般に広く募集いたしますので、本件について受託を希望する方は、下記に基づき御応募ください。

1.事業内容

(1)概要

IoT社会の到来により急増した情報の高度な利活用を促進するには、ネットワークの末端(エッジ)で中心的な情報処理を行うエッジコンピューティング等、従来のクラウド集約型から処理の分散化を実現することが不可欠です。また、半導体の開発指標たるムーアの法則の終焉が叫ばれ、既存技術の延長は限界を迎えつつある中、著しく増加するデータの処理電力を劇的に低減できるような新原理技術の実現が求められています。このような背景から、本事業では2018年度に公募を実施し、研究開発を開始しました。

一方、社会情勢や研究開発動向は加速的に変化しており、関連分野における内外からの研究開発成果の発信等から、当該分野をさらに高度化し、産業応用に繋げるための新しい基盤技術が注目を集めています。政府も「量子技術イノベーション戦略(令和2年1月統合イノベーション戦略推進会議決定)」や、成長戦略フォローアップ(令和元年6月閣議決定)で今後長期的かつ重点的に開発を実施する主要な領域を定める等、当該開発分野において、開発体制を拡充しつつ更なる研究開発を実施する必要が生じています。こうした経緯を鑑み、以下の研究開発項目並びに開発課題おいて、追加公募を実施するものです。

【開発課題】
  • 研究開発項目〔2〕-(1):量子コンピューティング関連技術
    アニーリングマシンコンピューティング技術
  • 研究開発項目〔2〕-(2):新原理コンピューティング技術(非量子関連技術)
    ニューロモルフィックコンピューティング技術

(2)事業期間

2020年度~2022年度

  • 提案時には2023年度以降5年間の暫定的な研究計画の提出を含め、研究開発実施において必要となる期間として、最大8年間(2027年まで)の計画を求めるものとします。

2.説明会

当該公募の内容、契約に係る手続き、提出する書類等についての説明会を次の日程により開催いたします。応募を予定される方は可能な限り出席してください。説明は日本語で行います。出席希望の方は、以下の登録受付ボタンから事前登録をお願いします。各社2名までの登録でお願いします。

なお、説明会では公募要領等の資料は配布致しません。本ホームページから印刷の上、ご持参願います。

<日時・場所>

日時:
2020年2月14日(金)
受付:15時45分~
説明会:16時00分~17時00分
場所:
〒212-8554 神奈川県川崎市幸区大宮町1310番 ミューザ川崎セントラルタワー 16階
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構 会議室A
  • 16階「総合受付」で受付を行います。受付の指示に従ってください。
空席状況はこちら

3.応募方法等

本ページ最下の資料欄から必要な書類をダウンロードしてください。

契約約款はこちらをご参照ください。

e-Rad

府省共通研究開発管理システム(e-Rad)に提案内容等をご登録いただく必要がございます。提案内容のご登録方法等、詳細は公募要領等をご覧ください。e-Radをご利用になるためには、御所属の研究機関(企業、国立研究開発法人、大学等の法人)又は研究者本人がe-Radに登録され、ログインID、パスワードを取得しておく必要がございます。登録方法については以下のページをご覧ください。

なお、e-Radへの登録に日数を要する場合がありますので、2週間以上の余裕をもって登録手続きをしてください。

e-Radへの登録に関するヘルプデスク
電話番号: 0570-066-877(ナビダイヤル)、03-6631-0622(直通)
受付時間: 午前9時00分~午後6時00分(平日)
(土曜日、日曜日、国民の祝日及び年末年始(12月29日~1月3日)を除く)

4.その他

公募情報に関するお知らせはNEDO公式Twitterにて随時配信しております。ぜひフォローいただき、ご活用ください。

資料