本文へジャンプ

本公募 「部素材の代替・使用量削減に資する技術開発・実証事業」に係る公募について

2020年6月19日

概要

技術・事業分野 材料・部材 プロジェクトコード P20019
事業名 部素材の代替・使用量低減に資する技術開発・実証事業
事業分類 研究(委託、共同研究、助成)
対象者 企業(団体等を含む)
大学等
公募期間 2020年6月19日~2020年8月13日
問い合わせ先 材料・ナノテクノロジー部 
担当者:原、横沢、平塚
E-MAIL:rmscp*ml.nedo.go.jp [*を@に変更してください。]

詳細

情報を更新しました
2020年8月3日 【期間延長】
提案書類の提出期限について、2020年8月13日(木)正午まで延長いたしました。
なお、既に提案書を提出済みであっても、期間内に再提出することができます。

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」という。)は、下記事業の実施者を一般に広く募集します。本件について受託を希望する方は、下記に基づき御応募ください。

1.事業内容

(1)概要

本プロジェクトでは、サプライチェーンの強靱化の観点から、レアアースの使用を極力減らす、又は使用しない技術の開発等を行うことを目的としています。

小型、高効率モーターには磁性材料としてネオジム磁石等が利用されており、磁石の性能を維持するため、重希土類元素のジスプロシウムを添加する必要がありますが、地球上に偏在し、かつ資源量が非常に少なく、供給途絶リスクが高いことから、ジスプロシウムの使用を極力減らす、又は使用しないことが期待されています。発熱抑制と耐熱性のバランスを考慮した重希土類フリー高性能磁石の開発と、形状自由度や組付け性の良い磁石成形法を併せて開発することが重要です。これらを総合的に判定し、重希土類フリー高性能磁石搭載モーターの社会実装への道筋を示し、サプライチェーンの強靱化に繋げます。

また、自動車の電動化の加速などの社会状況の変化を受けて、ネオジムの大量使用時代を見据えて、重希土類を使用せず、供給途絶懸念のあるレアアースの使用を極力減らす、又は使用しない高性能新磁石材料を探索するため、機械学習を用いた新しい磁石開発手法を開発します。

さらに、現状ではそのままでの利用が難しいレアアース(低品位レアアース)を利用するため、不純物を高効率で除去し、高品位化するための新しい改質技術を確立するとともに、低品位レアアースの高付加価値化等を目指した機能性材料開発実証を行います。

(2)事業期間

2020年度~2021年度

2.説明会

新型コロナウイルス感染症による影響を考慮し、説明会は開催いたしません。説明資料を本ページ下部に提示いたします。本事業の内容及び契約に関する質問等は、7月27日(月) までメールにて、受け付けいたします。

3.応募方法等

本ページ最下の資料欄から必要な書類をダウンロードして、公募期間内に応募してください。

公募締切後、外部有識者によるヒアリング審査を実施します。

発表資料は、資料の欄の参考資料2のテンプレートを参考にして作成してください。

必要に応じ、ご来構いただき提案内容の説明をお願いする場合があります。

スケジュール等については別途、該当者様へ連絡致します。

契約約款はこちらをご参照ください。

e-Rad

府省共通研究開発管理システム(e-Rad)に提案内容等をご登録いただく必要がございます。提案内容のご登録方法等、詳細は公募要領等をご覧ください。e-Radをご利用になるためには、御所属の研究機関(企業、国立研究開発法人、大学等の法人)又は研究者本人がe-Radに登録され、ログインID、パスワードを取得しておく必要がございます。登録方法については以下のページをご覧ください。

なお、e-Radへの登録に日数を要する場合がありますので、2週間以上の余裕をもって登録手続きをしてください。

e-Radへの登録に関するヘルプデスク
電話番号: 0570-066-877(ナビダイヤル)、03-6631-0622(直通)
受付時間: 午前9時00分~午後6時00分(平日)
(土曜日、日曜日、国民の祝日及び年末年始(12月29日~1月3日)を除く)

4.その他

本公募時では、過去のNEDO研究開発プロジェクトの実績調査を実施いたします。詳細については、資料欄「NEDO研究開発プロジェクトの実績調査票の記入について」を御覧ください。

公募情報に関するお知らせはNEDO公式Twitterにて随時配信しております。ぜひフォローいただき、ご活用ください。

資料