本文へジャンプ

Innovation for Cool Earth Forum (ICEF=アイセフ)

ICEFバナー

ICEFオフィシャルサイト

英 語: https://www.icef-forum.org/

日本語: https://www.icef-forum.org/jp/(一部英語)

Innovation for Cool Earth Forum(ICEF=アイセフ)は、気候変動問題の解決に向けて、エネルギー・環境分野のイノベーションを促進する方策を議論する国際会議です。世界の産学官の関係者が一堂に会し、英知を結集した議論と協力を促進することを目的としています。安倍総理大臣の提唱により開始され、2014年から毎年10月に東京で年次総会を開催しています。経済産業省及びNEDOが主催し、外務省、文部科学省及び環境省が共催しています。

年次総会

Annual Meeting 2018年の第5回年次総会では、「グリーン・イノベーションを引き起こす推進力」をテーマに掲げ、約70の国・地域から1,000人を超える参加者が一堂に会し、活発な議論が行われました。
 イノベーション促進に向けた主要課題、戦略等を大局的見地から議論する本会議では、「CO2ネット・ゼロ・エミッション」の達成という究極の目標を再確認しつつ、ビジネス主導の脱炭素化に向けた技術イノベーションや企業・消費者を巻き込む社会イノベーションについて議論を深めました。
 特定分野ごとに世界の第一人者が議論する分科会では、「水素」「再生可能エネルギーの大量導入と系統安定化」「IoTの活用によるCO2削減」「バイオリファイナリー」などの技術分野のほか、「消費行動の改革」、「SDGsと企業活動」、「気候変動対策とフィンテックの活用」等、社会システムのイノベーションを含む新たなテーマも取り上げました。
 また、ICEF運営委員会(11か国17名で構成)から、エネルギー・環境分野の技術イノベーションや社会イノベーションを促進するために、今後どのようなアクションが求められるのかについて、ステートメントが発表されました。
 第6回年次総会は、2019年10月9日、10日に東京で開催します。プログラムや参加登録に関する情報などは、6月頃にICEFオフィシャルサイトで公開する予定です。

▼2018年のICEF年次総会の様子をまとめたリーフレット

ロードマップ

Roadmap 世界の産学官の関係者が、革新的な低炭素技術の開発・普及に向けたビジョンを共有し議論を深めるため、運営委員のデービッド・サンダロー氏(元米国エネルギー省次官)を中心に2015年からロードマップを作成しています。
 2018年は、「二酸化炭素の直接空気回収(DAC)」のロードマップについて年次総会の分科会で議論の上、素案を閉会式で発表、その後、ICEF での議論や有識者レビューコメントを反映した完成版を、COP24(第24回国連気候変動枠組条約締約国会議:ポーランド、カトヴィツェにて開催)のサイドイベントで発表しました。
 本ロードマップでは、2℃目標シナリオでのNETs利用の内訳、DACの技術とその現状、またDACの長期的な目標 (例えば経済性、DACの利用及びCO2利用による正味CO2削減の実現、再生可能エネルギー電力の役割、研究開発及び実証の目標) とその政策支援に焦点を当てました。

▼ロードマップ公開ページ(ICEFオフィシャルサイト/英語)

トップ10イノベーション

イベントイメージ過去に発表されたエネルギー・環境分野の優れた技術開発・ビジネスモデル等を、温室効果ガスの排出削減可能性や技術の革新性等の観点で運営委員と有識者で絞り込み、最終的に年次総会参加者の投票によりトップ10を選定し、閉会式で発表します。

▼トップ10イノベーション公開ページ

参考リンク

過去の年次総会の様子

主催

経済産業省、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)

共催

外務省、文部科学省、環境省

問い合わせ先

NEDO 国際部 ICEF担当
メール:international[a]ml.nedo.go.jp

[a]を @ に変更のうえ、お送りください。

最終更新日:2019年5月20日