本文へジャンプ

資産登録及びNEDOプロジェクトマネジメントシステムについて

当機構では、固定資産税の納付や損害保険付保を含めた管理を行うため委託事業等で取得した資産(機械装置、工具・器具・備品、構築物等)のうち、当機構に所有権が帰属する固定資産(※)について委託先から当機構へ登録していただいています。委託事業を実施する各委託先等の担当者は、各法人における固定資産の担当者の確認を経てから、登録手続を行ってください。

  • 取得価額が50万円(消費税込)以上、かつ利用可能年数が1年以上のもの。

NEDO資産管理システム

NEDOに帰属する資産は、「資産管理システム」にて管理を行っており、資産を取得したときは「NEDOプロジェクトマネジメントシステム」(以下、PMS)を利用して、資産登録の手続きを行います。

(従来ご利用頂いておりました委託先資産管理支援システムのエクセルは利用できなくなります)

NEDOプロジェクトマネジメントシステム(PMS)

本システムは、利用登録が完了していないと利用することができません。利用登録については以下をご覧ください。

PMSでの資産登録等に係る操作方法については添付資料をご覧ください。

(PMSの操作マニュアルは、PMS内の「システム管理」に掲載されています。本デモ説明資料は、操作マニュアルを補完するものです。)

音声資料(上記デモ説明資料の要約版)については、下記リンク先をご覧ください。

※資産の処分等に係る書式については、添付の書式をご利用ください。

(委託先の方は、2020年10月以降PMS内の「文書一覧」からダウンロードできます)

PMSの利用による資産管理の変更点は以下の通りです。

  • 1.資産登録
     
  • 2.資産棚卸
  • 3.資産処分

最終更新日:2020年9月25日