本文へジャンプ

「NEDO事業の成果や体験談をご紹介するHello worldシリーズ」に「シーズ発掘型公募事業」の紹介動画を掲載しました!

NEDOは、「NEDO先導研究プログラム/新技術先導研究プログラム」、「NEDO先導研究プログラム/未踏チャレンジ2050」、「官民による若手研究者発掘支援事業(若サポ)」等、「シーズ発掘型公募事業」の実施を通じて、大学等が有する技術シーズを産学連携に発展させ、将来の実用化・社会実装につなげる取組を進めています。

この度、シーズ発掘型公募事業がどのようなものか、広く皆様に知っていただくために、事業に参画された4名の研究者にご出演をお願いし、動画を作成致しました。

先生方からは、研究開発を実施する社会的背景や課題、NEDO事業にて創出された成果についてご紹介いただきます。その後、事業を担当するNEDO職員からのインタビューを通じ、NEDO事業に参画して良かったと感じる点や印象に残るエピソード、NEDO事業を経験した先輩として、参画を迷っておられる方々へのアドバイス等をお話しいただきます。

NEDOのシーズ発掘型公募事業にご興味をいただいている皆様、NEDO事業はハードルが高いとお感じの大学・研究機関の研究者の皆様、必見の動画です。是非ご覧下さい!

第2弾 官民による若手研究者発掘支援事業(若サポ)に参画された、大阪大学 千葉大地先生にお話いただきました!

1960年代の高度経済成長期に建てられたインフラや建屋の老朽化問題や新興国を中心としたインフラ需要の拡大など、インフラや建屋の点検・整備の必要性は高まっています。

簡単かつ正確な検査でインフラや建屋の状態を把握することができれば、この課題に大きく貢献することができます。

そこで、大阪大学 千葉先生は、永久磁石と磁気センサを用いた新しい「非」破壊検査法を確立し、この課題に取り組んでいます。

  • 大阪大学教授 千葉大地氏の写真
  • インタビュアー NEDO新領域・ムーンショット部海邉健二と千葉大地氏の写真
参画事業:
官民による若手研究者発掘支援事業(若サポ)
名:
永久磁石と磁気センサを用いた新規非破壊鉄筋計測システムの創出」
者:
大阪大学 教授 千葉大地
(インタビュアー NEDO新領域・ムーンショット部海邉健二)

こちらからご覧下さい!

掲載中の動画ご紹介

第1弾

名古屋工業大学 玉野真司教授の写真

参画事業名:
官民による若手研究者発掘支援事業(若サポ)
名:
粘弾性流体の液滴落下流れにおける3次元・非定常レオロジー診断技術の開発
者:
名古屋工業大学 教授 玉野真司 
(インタビュアー NEDO新領域・ムーンショット部 瀧山敦)

こちらからご覧下さい!

今後掲載予定動画のご紹介

参画事業名:
先導研究プログラム/未踏チャレンジ2050
名:
周波数変調・積分型MEMSジャイロスコープの開発
者:
東北大学 准教授 塚本貴城
(インタビュアー NEDO新領域・ムーンショット部 服部一成)
参画事業名:
先導研究プログラム/エネルギー・環境新技術先導研究
名:
異種材料集積による10テラビット級低消費電力光伝送デバイス技術開発
者:
東京工業大学 教授 西山伸彦
(インタビュアー NEDO新領域・ムーンショット部 幸本和明)

NEDO先導研究プログラムについて

持続的かつ強靭な社会・経済構造の構築に対応するためには、革新的な技術の開発が必要となっています。このため、2030年頃の実用化を目指す国家プロジェクトの推進に加え、「未来も技術で勝ち続ける国」を目指して今のうちから2040年以降を見据えた「技術の原石」を発掘し、将来の国際競争力を有する有望な産業技術の芽を育成していくことが重要となります。

NEDO先導研究プログラム/未踏チャレンジ2050について

本事業は、2050年頃を見据えた温室効果ガスの抜本的な排出削減を実現する技術について、既存技術の延長線上になく、従来の発想によらない革新的な脱炭素技術シーズを探索・創出し、将来の国家プロジェクト化や社会実装への道筋を示し、2050年頃の温室効果ガスの抜本的な排出削減に貢献することを目標とします。

官民による若手研究者発掘支援事業(若サポ)について

近年、産業界においては、投資リスクの高まり等から、基礎研究に比べ短期的に成果の出やすい応用研究にシフトする企業が多い一方、様々な分野の基盤となる基礎研究の弱体化により、現在進行している技術の加速的進歩がもたらす破壊的な市場変化と国際競争に対応できなくなることが強く懸念されています。このため、大学等に対して基礎研究の充実を期待する声が多くあり、特に次世代を担う若手研究者の育成と活用の必要性が指摘されています。しかしながら、若手研究者が自律的に研究開発を実施するための環境の整備は十分とは言い難く、また、我が国における企業の総研究費に占める大学への研究費の拠出割合も主要国と比較して依然低く、産業界が大学の機能・リソースを十分に活用できているとは言い難い状況です。本事業は、実用化に向けた目的志向型の創造的な基礎又は応用研究を行う大学等※1に所属する若手研究者※2を発掘し、若手研究者と企業との共同研究等※3の形成を促進する等の支援をすることにより、次世代のイノベーションを担う人材を育成するとともに、我が国における新産業の創出に貢献することを目的として実施します。

NEDOチャンネルについて

NEDOでは、Youtubeを活用して、エネルギー・環境、産業技術に関するお役立ち情報を発信しています。NEDOが取り組む技術開発の紹介動画や、ピッチイベント、セミナー、デモンストレーション等の映像を掲載しています。是非チャンネル登録をお願い致します!

NEDO Channel NEDO Channel

  • Youtube NEDO Channelバナー
  • Youtube NEDO Channel QRコード

連絡先

電話番号:044-520-5245

E-mail:frontier-ms@nedo.go.jp

担当者:新領域・ムーンショット部

最終更新日:2023年1月19日

関連ページ