本文へジャンプ

事業・プロジェクト紹介:ジャパン・スペインイノベーションプログラム概要

図 NEDO CDTIロゴ

2008年12月スペイン政府・産業技術開発センター(CDTI)と国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)との間に締結された技術開発協力協定に基づくジャパン・スペイン イノベーションプログラムが開始されました。

ジャパン・スペインイノベーションプログラム(JSIP)とは

ジャパン・スペインイノベーションプログラム (JSIP)は、日本の企業・大学・研究機関とスペインの企業が合意して行う、実用化を目指した製品、プロセス、又はサービス等の国際共同技術開発プロジェクトの提案に対して、日本側はNEDO、スペイン側はCDTIが、それぞれの採択基準に従って財政支援を行うことにより、両国間の共同技術開発を強化・推進するものです。

コファンディングの仕組みについて

JSIPでは、欧米にて実施されているコファンディング方式(下図参照)を採用します。 即ち、NEDOは日本の企業、大学、研究機関を、また、スペインCDTIはスペインの企業を、それぞれのR&D支援制度の中で支援するといった、自国費用は自国負担の原則を採ります。(したがって、NEDOがスペインの企業等に資金援助を行うことはありません。)

ラベル(国際共同技術開発適格認証)について

JSIPにより国際共同技術開発プロジェクトを行おうとする場合、日本、スペインそれぞれの提案者には、まず、国際共同技術開発適格基準を満たすラベル(適格認証)を申請していただきます。ラベル付与された案件はNEDO及びCDTIのそれぞれ定められたR&D支援制度の採択審査等において評価いたします。日本側では以下の2つの基準を設けています。

【JSIP国際共同技術開発適格基準・日本】

  1. スペインの企業と日本の企業・大学・公的研究機関の少なくとも1法人がそれぞれ参加していること。
  2. スペインの企業との間で国際共同技術開発という形態をとることにメリットが認められること。
  • 応募を予定しているNEDO事業への応募要件も併せて審査いたしますが、あくまでも最終的な要件審査は、事業公募の採択審査時に、公募要領等に示される要件に基づき行いますので、ラベル審査の際は、その時点で過去の当該制度の公募例等で明らかな基本要件を中心とした確認と致します。

日本側申請者へのお願い、ラベル申請そして応募へ

【第一段階:ラベル申請】

  • ラベル(国際共同技術開発適格認証)の申請は通年で受けます。
    NEDO国際部の担当あて申請書(英文)をご提出してください。 この申請書は、共同技術開発のパートナーであるスペイン企業との共同作成文書で、日本側はNEDOへ、スペイン側はCDTIへ同じ申請書を提出していただきます。
  • ラベル申請に当たっては、NEDOのどの事業に応募する予定か検討の上、日本はNEDO、スペインはCDTIのナショナル・マネージャーと応募分野、要件等について良くご相談ください。
  • ラベル審査は通常1ヶ月程度を予定しています。
  • 必要に応じ、申請の内容についてヒアリングをさせていただきます。
  • ラベル申請時には、添付資料として、スペイン企業と取り交わした共同技術開発契約書(またはこれに準ずるもの)のコピー、会社概要及び日本申請者の直近の財務諸表も併せて提出して下さい。

【第二段階:NEDOの既存のR&D事業への応募】

  • 日本側申請者は、該当するNEDO支援事業の公募に対し、ラベルの写しを添付して応募してください。
  • ラベルはNEDOの採択審査の際に評価されますが、必ずしも事業への採択を保証するものではありません。
  • ラベルの有効期間は発行後1年間です。その間であれば、採択されなかった場合も、原則同一制度であれば同じテーマで再度ラベルを使用した応募が可能です。

スペイン政府・産業技術開発センター(CDTI)

スペイン政府・産業技術開発センター(CDTI)はスペイン経済・競争力省の管轄の基にスペイン企業の技術開発活動を財政的に支援する公的機関です。

  • CDTIロゴ

お問い合わせ先

NEDO 国際部 担当:平沼
E-mail:international@ml.nedo.go.jp
TEL: 044-520-5190­
FAX: 044-520-5193­

  • フロー図

最終更新日:平成29年10月30日