本文へジャンプ

Press Release

注目技術分野の最新動向をまとめた「TSC Foresight」を公表

―「風力発電」、「海洋エネルギー」の2分野―
2018年7月13日
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
理事長 石塚博昭

NEDOは、「風力発電」、「海洋エネルギー」の2つの分野について、最新技術の動向、技術課題をまとめた「TSC Foresight」を公表しました。

1.概要

国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の技術戦略研究センター(Technology Strategy Center、以下「TSC」という。)は、注目技術分野に関する最新技術の動向や技術課題をまとめたレポート「TSC Foresight」を公表してきました。本レポートは、ビジョンや技術的課題を産学官で共有し、異分野・異業種の連携、技術の融合などを促進させることで、日本のさらなるイノベーションの実現に貢献することを目的として、これまでに26の注目技術分野について公表しています。

本日、NEDOは、新たに「風力発電」、「海洋エネルギー」の2分野についてまとめた「TSC Foresight」を公表しました。

2.今回の公表分野の概要

(1) 風力発電

再生可能エネルギーは、今後の主力電源の一翼を担うことが期待されています。中でも風力発電は世界的に導入が進み発電コストも低減されてきていますが、国内の導入実績は世界に比べて必ずしも高くありません。今回のレポートでは、国内外の風力発電の導入状況や発電コストの推移とともに、国内における風力発電の導入拡大に向けた課題と今後の技術開発の方向性を示しています。

(2) 海洋エネルギー

海洋エネルギー(海流発電・波力発電・海洋温度差発電・潮流発電)は、今後実用化が期待されている新しい再生可能エネルギーとして、国内外で開発が進められています。今回のレポートでは、海洋エネルギーの種類ごとに、エネルギー源としての特性をはじめとして、国内外での導入・開発状況や技術開発の動向、今後の課題や方向性を示しています。

3.問い合わせ先

(本ニュースリリースの内容についての問い合わせ先)

NEDO 技術戦略研究センター 担当:浮田、服部 TEL:044-520-5150

(その他NEDO事業についての一般的な問い合わせ先)

NEDO 広報部 担当:藤本、髙津佐、坂本 TEL:044-520-5151 E-mail:nedo_press@ml.nedo.go.jp