本文へジャンプ

NEDO燃料電池・水素技術開発ロードマップ

1.概要

環境負荷低減、エネルギーセキュリティの確保、新規産業創出等など社会的課題の解決の方策として、水素エネルギーを利活用する社会(水素社会)の実現が期待されています(エネルギー基本計画(2014年4月))。経済産業省が策定した水素・燃料電池戦略ロードマップ(2014年6月策定、2016年3月改訂)では、水素社会の実現を目指し、定置用燃料電池や燃料電池自動車(FCV)、水素ステーションの普及・整備目標などが示されています。

NEDOは、産学官が長期的視野を共有して技術開発に取り組むために、燃料電池・水素技術開発ロードマップを2005年に策定し、これまで3度改訂をしてきました。今回、4度目の改訂作業のために、メーカーや電力事業者、大学や研究機関などで構成される委員会をNEDOが企画し、上記の経済産業省の水素・燃料電池戦略ロードマップに掲げられている普及目標に対応する技術課題について取りまとめました。さらに、水素社会の本格導入を目指す産業界のニーズに応えるため、より長期的な視点で2040年以降に達成すべき目標値(究極目標)を初めて設定しています。

今回、本ロードマップの内、燃料電池分野に関する技術開発ロードマップを先行公開しました。燃料電池自動車(FCV)などと、家庭用や業務・産業用の定置用燃料電池を対象としています。

2.今後のスケジュール

水素ステーション、水素発電、Power to Gasの分野についても公開準備をし、NEDO燃料電池・水素技術開発ロードマップ全体を2018年春に公開予定です。

3.技術開発ロードマップ

  • ブラウザ上でファイルが最適サイズで表示されない場合、
    一度ダウンロードした後、ファイルを開いてから閲覧ください。

(参考)

問合せ先

次世代電池・水素部
TEL: 044-520-5261­
FAX: 044-520-5276­

Adobe Readerを入手する

最終更新日:平成30年6月21日