本文へジャンプ

決定 「IoT社会実現のための超微小量センシング技術開発/研究開発項目〔2〕超微小量センシング信頼性評価技術開発」に係る実施体制の決定について

2019年9月10日

概要

技術・事業分野 材料・部材 プロジェクトコード P19005
事業名 IoT社会実現のための超微小量センシング技術開発
事業分類 研究(委託、共同研究、助成)
対象者 企業(団体等を含む)
大学等
問い合わせ先 材料・ナノテクノロジー部 
担当者:北川・今泉
FAX:044-520-5223
E-MAIL:sensing*ml.nedo.go.jp [*を@に変えてください]

詳細

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」という。)は、「IoT社会実現のための超微小量センシング技術開発/研究開発項目〔2〕超微小量センシング信頼性評価技術開発」に係る公募を実施し、ご提案いただいた1件の提案について審査を行い、以下のとおり実施予定先を決定いたしました。

なお、採択審査委員一覧は、別添のとおりです。

1.件名

IoT社会実現のための超微小量センシング技術開発/研究開発項目〔2〕超微小量センシング信頼性評価技術開発

2.事業概要

本プロジェクトでは、顕在化する様々な社会課題の解決に向けて、日本が強みを有する最先端のナノテクノロジーやバイオテクノロジーをイノベーションの起点として、既存の大型で、消費電力が大きく、高額で、長い測定時間を要する超高精度な計測・分析装置等以外では到底検出できないような超微小量を、小型・軽量、省エネルギーかつ低コストで安定的に検出可能とするセンシング技術を世界に先駆けて開発します。

今回は、既に実施体制を決定している研究開発項目〔1〕「超微小量センシング技術開発」の各研究開発テーマと連携して、超微小量センシングデバイスに対する信頼性評価技術を開発します。

3.実施予定先

国立研究開発法人産業技術総合研究所

4.事業期間

2019年度~2023年度

資料